撮影場所の種類

フォトウェディングでは、大きく分けて次の2種類の撮影場所があります。

  • スタジオ撮影…写真スタジオの室内
  • ロケーション撮影…チャペル、神社、日本庭園、お台場などの街中の人気撮影スポット、二人の思い出の場所など

ただ場所が違うだけじゃなく、撮影のしやすさや写真の仕上がりも変わってきます。スタジオ撮影、ロケーション撮影、それぞれのメリットを比較しました。

フォトウェディングの撮影場所
その1:スタジオ

室内で行うスタジオ撮影は、結婚写真として昔から親しまれている定番のスタイルです。完璧なライティングをバックに撮れるから、ドレスのディテールまでくっきりとらえた美しい写真に仕上がります。

スタジオ撮影のメリット

  • 天候や季節に左右されずに写真がとれる
  • プライベートな空間でじっくり撮影に集中できる
  • 着付けも写真選びもその場で行うから短時間で済む
  • 移動が大変な和装での撮影が楽
  • 妊娠中や子連れの撮影もOK

スタジオ撮影のデメリット

  • 背景に限りがあって写真の自由度が低い
  • おかたい雰囲気の写真になりやすい
  • ロケーション撮影よりカット数が少ない

その2:ロケーション撮影

屋外の好きな場所で行うロケーション撮影は、ワガママな花嫁さんからも大好評のプランです。壮大な自然や本物のチャペルをバックに撮ったり、二人らしさが詰まった映画や写真集のようなハイセンスな結婚写真が残せます。

ロケーション撮影のメリット

  • 1枚ごとに動きのある個性豊かなシーンが撮れる
  • 海や思い出の場所など、結婚式ではできない場所での撮影もOK
  • 開放感があって、自然な表情や笑顔になりやすい
  • 衣装選び~移動も込みでお任せできて楽
  • 通行人から祝福されることも多く、最高の思い出作りができる

ロケーション撮影のデメリット

  • スタジオ撮影より費用が高い
  • 和装は衣装が重くて移動がやや大変
  • 天候によってはイメージ通りの写真が撮れないことも

ロケもスタジオも評判の高い
ONESTYLEの結婚写真撮影レポートはこちら!

エマ&ドリーからひとこと

エマ&ドリー

最初はスタジオ撮影が料金も安いし、スムーズにできそうで良いかなと思っていたんだけど、調べていたらすっかりロケーション撮影の魅力にハマっちゃった♪バージンロードを歩いてる姿だったり、指輪交換のシーンだったり、ひとつひとつのシーンを映画のポスター並のクオリティーで残しておけるのよね。

二人の個性も出やすいし、撮った人の多くが自然な笑顔なのも良いなぁ。結婚報告のハガキに使ったり、最近のカップルからはとくに人気があるみたいよ。(エマ)