HOME » そもそもフォトウェディングとは?知っておきたい基礎知識 » 先輩花嫁のフォトウェディング失敗談

先輩花嫁のフォトウェディング失敗談

フォトウェディングをした方の中には、思い通りの写真が撮れなかった方たちもいるようです。先輩花嫁の失敗談を集めたので参考にご覧下さい。

フォトウェディング&結婚写真に関する
失敗談まとめ

  • ホームページでお手頃なプランを見つけて行ってみたけど、そのプランで選べる衣装は5着のみだった。他の可愛いドレスは全部別料金で、結局グレードアップして予定より費用がかかりました。
  • 衣装が可愛いわりに料金は格安でラッキーと思っていたら、撮った写真にドレスの質感もデザインも全く表現されてなくてがっかり。ありきたりな写真ばかりで、撮り方をもうちょっと工夫して欲しかった。
  • 衣装もロケーションも完璧だったけど、当日持ってこられた髪飾りが唯一安っぽかった。せっかく持ち込みできるスタジオだったから、髪に飾れる生花くらい準備しとけば良かった。
  • 本当は他店で着たいドレスがあったけど、料金が安い方のスタジオにしたら、持ち込みができず、しぶしぶ妥協案のドレスで撮影。完成した写真を見ると、やっぱりあれが良かった!(涙)とじわじわ後悔がわいてきました。あとから話しを聞くと、たいていのスタジオは持ち込みができるそうで、安さで選ばなきゃよかった!
  • 時間がなくてぶっつけで撮影できるスタジオを選んだら、色打掛の種類が少なくてちょっとがっかりです。忙しくても事前にドレスカタログくらいは見ておくべき。
  • ドレス、着物、髪飾りと、至るところにグレードアップ&課金システムがあってちょっと興ざめ。だったら最初からその金額で伝えて欲しいです。
  • 費用を抑えるために前撮りはなしで、写真は式場のカメラマンに依頼しました。前日に旦那と撮りたいポーズまで決めていたのに、当日はゲストの対応にバッタバタ。思い描いてた写真が残せず、前撮りの大切さを実感しました。
  • 友人が盛り上げてくれて最高の結婚式ができたけど、写真が全部笑顔なのがちょっと残念。前撮りくらい雰囲気のあるキレイなショットを残せば良かった。

エマ&ドリーからひとこと

エマ&ドリー

こうやって見ると、結婚写真の撮影で後悔している人は少なくはないんだね…。思っていた衣装と違ったり、写真の仕上がりがイマイチだったり、事前の調査不足が原因になっている場合も多いみたい。スタジオに行く前から、ホームページや口コミでどんな写真が撮れるか、細かくチェックすることが大事だね。

とくに目立つのが、料金に関する失敗。格安のプランは料金内で選べる衣装の種類が少なくて、結局はグレードアップして費用が高くなることが多いそう。私とドリーも失敗を防ぐためにしっかり下調べをして、明確な料金を提示しているスタジオを選ばなきゃ!(エマ)

見積もり結果が最も安かった
ONESTYLEの結婚写真撮影レポートはこちら!